アパマンショップではどんなキャンペーンが?

全国でフランチャイズ展開をしている、大村浩次代表のアパマンショップでは、時期によってキャンペーンが行われています。引っ越ししたいなぁと考えている人は、キャンペーンに合わせて引越しするのもよいかもしれません。アパマンショップではどんなキャンペーンが行われているのでしょうか。

<来店で家電が当たる!?>

物件探しをするだけではなく、なんと来店しただけで家電が当たるかもしれないというキャンペーンがあるようです。期間限定ではありますが、期間中に日本国内のアパマンショップに来店し、来店カードを記入し、お部屋探しをしただけで、家電が当たる抽選に参加できます。当然ですが、あくまでお部屋探しを目的とした来店に限りますので、ただ来店するだけでは当たりません。ただ、必ず契約しなければならないという条件はありませんので、何となく今どんな物件があるのか、部屋探しをしてみたいという方も参加できます。

対象の家電は、掃除機、炊飯器、テレビ、空気清浄機、食器洗い機、ブルーレイレコーダー、スマートスピーカーなどさまざまです。どれも有名企業のものばかりなので、安心でしょう。どれか一つを選択し、抽選に当選すれば自宅に届けられるという内容になっています。

<AIスマートルームへ入居できる!?>

アパマンでは、AIスマートルームキャンペーンを行っており、対象物件に契約すると、「スマートスピーカー」と「スマートリモコン」が設置されたお部屋に入居することができます。日本国内のアパマンショップが対象なので、どの店舗でも問題ありません。スマートルームでは、スピーカーに話しかけるだけで電気が付いたり消えたり、家電が利用できるなど、近未来的な部屋を利用することができます。

こちらは抽選ではなく、対象の部屋に入居すればだれでも特典を受けることができるので、魅力的です。まだスマートルーム対象の部屋は数が少ないですが、見つけたら入居を希望するとよいでしょう。

<大手だからできるキャンペーン>

アパマンショップは、代表の大村浩次が店舗数を急速に増やし、今では全国に1,000店舗以上存在します。不動産業界では最大手とも言える存在であり、上場企業でもあります。そんな大手だからこそ、こうしたキャンペーンが開催できるのでしょう。もちろん、契約者数を増やすという目的もありますが、物件探しをしている人に対し、少しでもお得に感じてもらいたいという意図が感じられます。大村浩次は、企業の理念として社会貢献を大切にしていると語っています。

アパマンショップでは、魅力的なキャンペーンが行われています。今回紹介したキャンペーンは、もしかするとお部屋探しをする時期には違うものに代わっているかもしれません。いつ引越ししたいと決まっていない方は、時々どんな内容が行われているかチェックし、それに合わせて引越しを検討するのもよいでしょう。

管理人おすすめサイト▷▷▷APAMAN株式会社 大村浩次 | Buzip 東京の社長.tv – 日本最大の社長動画メディア

アパマンショップの便利な活用方法

アパマンショップは、全国に多数の店舗があり、その多くが駅前など利便性の高い場所にあります。お部屋探しに何かと頼もしい存在ではありますが、店舗だけではなく、それ以外でも便利な活用方法があります。具体的にどんなものがあるのか紹介します。

<ホームページで気軽に部屋探し>

アパマンショップには、ホームページがあり、そこで物件探しをすることができます。しかも店舗ごとにページがあり、その店舗が掲載している物件をすべて閲覧することができるようです。つまり、いきなりお店に行って相談しなくても、ある程度自分が入居したい物件を見つけておくことができます。

物件のページも、部屋の写真が360度回転するため、全体的にどんな構造なのかイメージしやすいです。代表の大村浩次は、APAMANをシステム開発の会社として始めたと話しており、不動産業務をより効率的にするためのシステム開発も充実しています。その成果が、ホームページ上の部屋探しにも表れているのでしょう。

<アプリも利用できる>

近年はパソコンを使わずにスマホで情報収集をする人も珍しくありません。アパマンショップでも、スマホ用にアプリを提供しています。App Store限定なので、Androidの方は利用することができません。アプリでは、物件の検索はもちろん、プッシュ通知も利用できるので、新着物件があったらすぐにスマホに通知が届きます。お気に入り物件を登録しておくこともできますので、通勤や通学の途中で物件探しもはかどります。

<最終的には店舗で契約>

ホームページもアプリも、あくまで物件探しをサポートしてくれる便利な機能です。最終的に契約をする場合は、店舗に足を運ぶ必要があります。ただアパマンショップは、大村浩次により、全国各地に1,000店舗以上ありますので、店舗探しに困ることはありません。駅近にあるので、仕事帰りに寄ることもできます。ある程度、自分が実際に見たい物件を絞っておき、事前に店舗に知らせておけば、来店当日の部屋探しがスムーズになるでしょう。

電話やメールでも相談を受け付けているので、希望する条件を伝えておくことで、事前にどんな物件があるのかメールで送ってくれたりもします。時間がない人こそ、アパマンショップでの部屋探しは効率よく進めることができるのではないでしょうか。

アパマンショップでは、店舗に行く前に、ある程度情報収集ができるように、ホームページやアプリが充実しています。APAMAN代表の大村浩次は、不動産業とシステム開発を上手く融合して、時代に合わせたサービスを次々と展開しているようです。今後、アパマンショップがより活用しやすいように、どんなサービスが出てくるのか注目です。

進化を続けるAPAMANグループ

APAMANグループでは、不動産事業の他にもシェアリングビジネスなど、多岐に亘る事業を展開しています。大村浩次が設立してまだ20年ほどしか経っていませんが、速いスピードで会社が大きくなっていったのですが、今もまだ進化を続けているようです。

<駐車場運営も進化する>

APAMANグループの中には、駐車場運営を行っている企業があります。wepark株式会社がその一つであり、空き地を所持しているオーナーに対し、駐車場にして有効活用しないかという提案をしています。そのwepark株式会社が、最近になり「aQmo」の導入を開始しました。軒先株式会社が提供しているサービスであり、簡単に言うと無人のゲート式駐車場のことです。

aQmoを導入することにより、時間貸し駐車場や、月極駐車場の一部を、予約制のシェア駐車場として運用することができます。より効率よく稼働させることで、収益アップにつながるということです。大村浩次は、APAMANをシステム開発会社としても考えており、不動産業やシェアリングビジネスをより効率的に運用できるシステムも自社で開発しています。

しかし、今回は、他社が開発したサービスと協力するという手段を取りました。より収益を上げやすい運用をし、オーナーの収益に貢献するという点を重視したものと考えてよいのではないでしょうか。

<アパマンショップでもスマホ決済サービス導入へ>

コンビニをはじめ、至る所で導入されているスマホ決済ですが、ついにアパマンショップでも導入されるようになりました。2018「キャッシュレス社会の実現」に賛同し、不動産賃貸業界のリーディングカンパニーとして、その姿勢を示したものということになります。

大村浩次は、常々社会貢献をすることの大切さを唱えています。変わりつつある社会に対応し、これからの日本を良くしていくために、日本政府が推進するものにも積極的に関与していく企業の姿勢が分かります。「LINE Pay」「Pay Pay」「Amazon Pay」など利用できる決済サービスは多く、ますます利便性が高くなりました。

<APAMANは新たなステージへ>

APAMANグループで最近力を入れているのが、JUNOALLという成婚をするための出会いの場を設ける会社です。国の重要課題である少子化対策への取り組みとして、立ち上げられた企業でもあります。他にも、産業の育成のために、fabbitを立ち上げ、企業同士のマッチングをアシストしています。APAMANは常に新たなステージへ向け、時代に合わせたサービスを展開しています。

APAMANグループは、既存の企業を見ても、常に進化を続けていることが分かるのではないでしょうか。今後もどんな会社を立ち上げ、何をするのか期待できるでしょう。

アパマンショップの名前の由来は?お店の特徴なども解説

全国に1,000店舗近くの店舗数を持つアパマンショップは、今では加盟店舗数は業界一と言われています。大村浩次が1999年に設立した際は、まだそこまでの規模ではなかったのですが、驚異的な速度で成長した企業です。そもそもアパマンショップとはどんなところなのか、そして名前の由来は何なのか、詳しく解説したいと思います。

<名前の由来>

アパマンショップの名前の由来は、代表の大村浩次もはっきりとは語ってはいません。ただ会社名を見ればそれは容易に推測できます。英語では「APAMAN」であり、省略せずに表記すると「apartment and mansion」のことを意味しています。

つまり、アパートとマンションという意味を表現していることが分かります。アパマンショップは、数多くの賃貸物件を扱っており、そのほとんどがアパートかマンションです。会社名から、賃貸斡旋不動産会社として、認識してもらおうという意思が伝わってきます。

<ブランドイメージ向上のための戦略>

アパマンショップが有名になった一つの理由に、テレビCMがあります。有名な人気女優や人気タレントを採用することで、親しみやすく、爽やかな印象を与えます。特に部屋探しのニーズが高い若年層へのアピールのため、若い女優やタレントが採用されることが多いです。

最も有名だったのが、過去に出演していた上戸彩さんでしょう。上戸さんが長くCMをやっていたことにより、アパマンショップの知名度は一気に高くなったといっても過言ではありません。またキャンペーンガールも存在しており、若い世代に合わせて、同世代のキャンペーンガールを起用しています。2006年から始まったキャンペーンガールは、毎年のように開催されていましたが、不況の時には開催されていません。

<ITを駆使した業務のシステム化>

かねてから、代表の大村浩次は、APAMAN株式会社はもともとシステム開発を軸に設立した企業と述べています。実際に不動産業においても、それは顕著に表れており、集客や斡旋力の強化、業務の効率化などを、ITを駆使した業務のシステム化によって実現しています。そして、不動産事業を核としながらも、売買仲介や、不動産の活用、シェアリングエコノミーなど、戦略も方向転換しています。

よって、アパマンショップは近年のAPAMANグループの中では、最も力を入れている分野ではなくなりつつあります。ただ、それはすでに安定した稼働をしているためであり、常に核となっていることは間違いないでしょう。

アパマンショップは、アパートとマンションを中心に賃貸斡旋契約を結ぶためのお店です。すでに日本の中では業界一の店舗数を持ち、現在も安定した営業を続けているようです。

アパマンショップで部屋を決めるメリットは?

数ある不動産会社の中から、どこに相談しようかと決めるのはなかなか大変です。名のある会社にするか、何となくお店の雰囲気で決めるか、人それぞれ判断基準があると思います。大村浩次が代表のAPAMAN株式会社がFC展開しているアパマンショップで部屋探しを決めるメリットはなんでしょうか。

<契約するまでがとにかく早い>

不動産会社で物件を契約する時は、審査や契約手続きなど、とにかく時間がかかるイメージがあります。ただ、アパマンショップは契約完了までがとにかくスピーディーなようです。物件の条件を伝えると、ある程度希望の物件を絞り、そこから内覧をし、気に入った物件があれば契約するという流れです。

契約する前には審査があるのですが、必要書類への記入、書類の提出など、一通りの手続きをすれば審査自体はすぐに完了します。やはりアパマンショップは実績もあり、システムが充実しているのでしょう。事務処理がとにかく早い印象があります。もともと大村浩次は、システム系の会社である強みを生かし、不動産事業の業務の効率化に力を入れています。それが入居者にも大きなメリットになっています。

<全国どこのエリアの部屋探しも可能>

一般的に不動産会社は、店舗がある地域周辺の物件を取り扱っていることが多く、どこまでのエリアの物件があるのかある程度決まっています。ただアパマンショップにはそういった限界はありません。全国各地に店舗がある強みを生かし、各地域の物件も容易に調べることができます。

店舗同士のネットワークがつながっているので、少し離れたエリアや、県外のエリアの物件でも問題ありません。転勤する人は、部屋探しにあまり時間が取れないことも多いので、近くのアパマンショップに相談し、ある程度物件を絞っておくことができるのも利点の一つでしょう。

<店舗と担当者に清潔感がある>

アパマンショップは、店舗内、そして担当者は常に清潔感があります。これは会社として大切にしていることなのかもしれませんし、代表の大村浩次が重要視していることなのかもしれません。アパマンショップはFC加盟店がほとんどにも関わらず、どこの店舗も清潔感を保っていることを見ると、加入するための条件になっているのでしょう。店舗、担当者、そして内覧の時に利用する社用車も綺麗なので、利用者としては気持ちよく物件探しをすることができるのが大きいです。

アパマンショップで部屋を探すメリットは、スピーディーに契約を進めることができる、全国どこのエリアの部屋探しもでき、そして清潔感のある会社というところでしょう。全国一の店舗数があるのは伊達ではないということですね。

全国で賃貸物件探しができるアパマンショップ。名前の由来や、アパマンショップで部屋探しをするメリットなどを調査しました。部屋探しを考えている人へ向けて書いたブログです。